乾燥肌を改善する基本的なお手入れって?

肌の乾燥は、洗顔の仕方によって引き起こされます。 
洗顔を行うときに、洗浄能力の強い洗浄剤を使うことで、皮脂を過剰に取り除くことになってしまいます。皮脂がなくなってしまうと、肌を守ることができず乾燥肌がどんどん進みやすくなるのです。肌の乾燥を防止するためには、余計な成分が入っていないシンプルな石鹸を使うとよいでしょう。

 

また、石鹸を使った時に泡をしばらくお肌に乗せて泡パックを行うと、美肌になれると言われていますが、洗浄成分をお肌の上にいつまでも乗せていると、皮脂が失われてしまう為、乾燥肌になりやすくなるのです。顔を洗うときには素早く洗い、ぬるま湯ですみずみまで洗い流すように気を付けてみましょう。
洗顔を行った後には、化粧水でお肌に水分を供給させてあげる必要があります。化粧水を使うことで、肌から失われてしまった水分を与えることができ、ふっくらとした肌に改善することができるのです。

 

化粧水を使うときには、500円玉程度を手に取って、肌に浸透させるように使用してみるとよいでしょう。これを2回ほど繰り返すことで、お肌の奥に水分を届けることが可能になってきます。また、化粧水が乾ききる前にクリームで蓋をしてあげると、肌に与えた水分が蒸発してしまうことも防止することができます。
乾燥肌は、体質ではなく後天的なお手入れによって起こっていることが多いので、正しいお手入れ方法を実践することで改善することができるでしょう。